自分だけのFXトレード
Home ›FXにおける米ドルの位置

米ドルとFXの関係

外国為替証拠金取引であるFXは、文字通り証拠金を担保としてFX会社に差し出して、自分の欲しい通貨を買い付けるという取引になります。その通貨の中で、世界全体での取引が最も多いものが米ドルになります。

米ドルは、アメリカ国内だけでなく、石油や金など世界中で取引されている多種多様な商品の決済通貨として使われており、世界の基軸通貨とされています。アメリカの政治や経済などの情報は他国と比べると入手しやすいため、どの通貨を取引するか迷っているFX取引の初心者なら、まず考えたい通貨の一つです。

ドルに投資する際に注意しておきたい為替相場の変動要因は、金融政策、経済指標(非農業部門雇用者数、ISM製造業景況指数、小売売上高、貿易収支、GDPなど)、要人発言などがあります。アメリカでは、中央銀行のFRBが経済や物価動向を安定させるために、政策金利を調整しています。

一般的に利上げはドル買い、利下げはドル売りにつながることが多くなります。近年では、サブプライム問題により、利下げが続いています。また、為替政策がドルの動向に影響を与えることが多いため、アメリカ財務長官やFRBの議長、理事などが行う為替に関する発言に注意しておく必要があります。