自分だけのFXトレード
Home ›FXにおける英ポンドの位置づけ

英ポンドとFXとの関係性

現在、取引量が最も多く、世界の基軸通貨となっているのは米ドルですが、第2次世界大戦以前はイギリスのポンドがその位置にあります。イギリスはユーロを導入していないことから、ユーロ圏の経済状況に配慮することなく、中央銀行にあたるイングランド銀行がイギリス国内の事情のみで金融政策を実施しています。

06年からは、インフレへの懸念から政策金利を徐々に引き上げ、08年では先進国の中でも5.0%と高い水準になっています。そのため、多くのスワップポイントが得られるとして、FXにおいて人気の高い通貨になっています。

また、値動きの激しい通貨であるため、スワップポイントを目的とした中長期の投資のほかに、為替変動からの収益を目的とした短期の投資にも向いています。

しかし、値動きが激しいということによりリスクも伴うため、取引を行う際には過度に高いレバレッジの取引は控えておきたいところです。相場の変動する要因として、北海油田を要する世界第9位の産油国であるため、英ポンドは原油価格の変動の影響をうけることも意識しておきたいところです。