なぜFXは人を惹きつけるのか
Home ›FXに興味がとてもあります。

FXに興味がわく人が続々 -その理由は?

資産運用の手段を色々と調べては、悩む事を繰り返してばかりいます。そんな日々が続く中で、最近は外国為替証拠金取引(以下FX)と呼ばれるものについて真剣に検討中なのです。何故真剣にFXを検討する事になったのかと言いますと、きっかけは外貨預金に対して不安を持った事でした。

私がその時検討していた大手銀行の外貨預金は定期で、まあ一年間とか三年間とか預けっぱなしにして金利と、そして為替損益を受ける仕組みになっていました。そして、中途解約した場合にその時点までの金利がもらえない約款になっていました。

中途解約にどうしてこだわっているのかと言いますと、外貨預金期間の為替レートの変動が、とても大きいリスクだと考えたからなのです。例えば預金対象通貨の国に対してですね、災害や国際的な事件が起こってしまった場合の様な、ほぼ確実に通貨の価値が下がる見込みがある状況ってやって来るかも知れないと思うんですね。そしてその様な状況になってしまったならば、絶対に即中途解約するほうが賢明な判断だと思います。

その点FXだったら、金利は一日ごとに計算されて含み益として算出されると言う事でしたので、どう考えてもこちらの方が有利なのでは、と言う結論に達したのです。FXの場合はレバレッジが効かせられるのですが、これは調子に乗るととんでもない金額の取引をやってしまいそうでちょっと怖いのですが。まあ、そこは外貨預金のつもりで低レバレッジに徹していこうかなと考えています。要は自分の好きなタイミングで面倒な手続きも無く、資産を外貨として保有できるところが魅力ですね。